クハイハラウ創立者 ロエア(フラマスター)  フランク・ヒューエット氏

Frank Hewett
ハワイオアフ島、カネオヘ出身

クハイハラウオカプアオカナウパカパオラパカヒコのハワイの本校CEO
クムフラ(フラの指導者)としてハワイでもカリスマ的存在ミュージシャン(歌の創作・歌い手) カフナ(治療者)州政府公認の公的セレモニーのチャンター(祈りを唱える人) ハワイアンルネッサンス(伝統文化の復興運動)のオピニオンリーダー
ハワイ政府観光局のボードメンバー

えりさカプアオカナウパカは1995年よりフランクヒューエット先生のワイマナロの家に弟子入りし、いちから手ほどきを受け、1999年にカプアオカナウパカと命名されてフラを伝授始める。

ロエア、フランクヒューエット、現在はハワイ島キラウエア火山の麓にリトリートセンターを設立し、フラ、ヒーリングを全世界から訪れる生徒達に伝授している。

www.kawaikapu.com

*当クハイハラウでは、1年に1回以上、ロエアフランクヒューエット直々のワークショップを開催しております。ハラウ生徒は特別に受講する事ができるクラスもあります。

えりさ・カプアオカナウパカ・岡田・マン

湘南、鵠沼海岸出身
国際基督教大学教養学部卒業
スカンジナヴィア航空に客室乗務員として就職

フラダンス教室を持つ母の影響を受け、本場ハワイ、オアフ島カネオヘのクハイハラウ・オ・カワイカプオカラニに所属

フラの神様と尊敬される著名なクムフラ(フラの指導者)
“フランク・カワイカプオカラニ・ヒューエット”のもとでフラ修行

1999年ハワイアンネーム”カプアオカナウパカ”と命名を受け、自身のフラダンス教室”クハイハラウ・オ・カプアオカナウパカ・パ・オラパ・カヒコ”を開校

都内のカフェやイベント会場、海岸やハーバーなどで多様なハワイアンショーをプロデュース

2004年よりJAL主催のツアー「フラ・ホオラウナ・アロハ」のスチュワーデスチームへのフラ指導を実施し、その指導力の高さを評価されている

ハラウの活動はハワイ本校主催のオアフ島カネオヘでのコンサートに毎年出演
2004年*フラ・ホオラウナ・アロハ*でケイキ部門入賞
2005年にはワヒネ部門総合優勝
2006年、2007年、2008年はワヒネ部門準優勝受賞
2009年ワヒネ部門3位入賞

2008年4月、フランクヒューエットのもとでウニキを修め正式にクムフラとなる
2010年オハナ・イン・ジャパンコンペティション ワヒネ部門優勝

ERISA’S DIARY

ハワイから来日のクムフラ カヴェナウラオカラー マン氏

Kawena Mann
ハワイオアフ島ホノルル、カハラ出身

カネフラダンサー、指導者、ハワイアンクラフト、レイメイキング、チャント、ハワイ語など、ハワイ文化伝承のスペシャリスト。
9歳からホノルルボーイクァイヤー(少年合唱団)のメンバーで、歌とフラで全国を回る。中高学校は名門セントルイス、フラは、カネフラの名門、アルバカーシ先生のハラウカウアキリフネにて、メリモナークに毎年出場。
ジョンレイク氏からは高校のフラ授業で出会い、伝統フラとチャントを学ぶ。卒業後はチンキーマホイ率いるコンペティション名門、ハラウ、カヴァイリルアに所属し、メリモナーク3年連続出場、2度優勝。その後、フラマスターロエア、 フランクヒューエットのもとで12年仕え、学び、2008年春、ウニキ(フラマスター修了課程)を修める。

ハワインクラフトとレイメイカーとしても大人気で、多くのハラウのためにレイと楽器をつくり、注文が絶えない。レイメイキングの指導も易しく分かりやすい心のこもった指導が大好評。
JALPACKはじめ数々のイベントでも常時教室でレイの作り方を指導している。
日本で同じくフランクヒューエットのもとフラ教室を運営しているクムフラと結婚し、日本在住でハワイのアロハ、クラフト、チャント、そしてフラを伝えます!!

hulalei.com

岡田ろこ

東京生まれ東京育ち。
生粋の江戸っ子ろこ先生は幼少時代から日舞、長唄、小唄を習い事として育ちました。
20歳の頃には日活ニューフェイス、女優として活躍し、女性だけのハワイアンバンド“パイナップルプリンセス”を結成。日劇タクト等出演。その後に国際親善のため、得意の歌と踊りで海外にて活躍。40歳を機にフラの素晴らしさを日本に伝えるためにハワイアンの活動を再開。クムフラ、大御所フランクヒューエットのもとでさらにフラを修得。
踊りはもちろのこと、ハワイの文化、ライフスタイルであるフラを楽しんで、湘南鵠沼でフラを指導、発表するボランテイア活動に勤しんでいます。
ハラウでは、生徒一人一人のお母様役として、皆から愛されています。ろこ先生が生徒を大きな心で愛してくれているからでしょう。
また、生まれつきのセンスの良さから、ハラウの衣装、アクセサリー、ショープログラム等も、次女、静香とともに担当しています。

静香・ハウオリレイラニ・藤井

ホオポノポノオペレーション(事務局代表)及びインストラクター代表

岡田家の次女として湘南に生まれ育ちました。
20代前半は、ファッションモデルとして、ショーや雑誌で活躍。その後 イタリア老舗ブランド、プラダジャパンに就職し、パブリックリレーションを 学び、後にパリから日本に上陸する際のファッションブランド、ポール&ジョーPRを担当し、ブランドの立ち上げに貢献しました。
結婚を機に退職し、同時にクハイハラウのPR,事務全般を受け持っています。

ファッション業界で鍛えたセンスと持ち前の技能で、ハラウの衣装を手がけ、 またPRやハラウグッズをデザインしています。
一女絵真麗(フランクヒューエット命名)の母。

2010年OHANAcompetitionワヒネグループ部門優勝。

光代・カノエアヌヘア・兒玉

新潟市在住

「子育てがひと段落した頃、フラを習い始めました。何かを始めるのに「遅い」ことはないと実感しています。 学生時代にテニスボールを追いかけて鍛えた体力も、伝統芸能の楽しさを教えてくれた日舞の経験も、今の私に活かされています。  えりさ先生がハワイと湘南・東京を繋いでくださいましたので、その絆を新潟に繋ぎたいという想いです。」

多少天然がはいっていますが、それはご愛敬。 他人に優しく自分にも優しく、フラと新潟が大好きです。

新潟スタジオ、
三条・スタジオf(カルチャースクール)
新津・ホワイトスイム秋葉スクール(スポーツセンター)

房子・ナネアヴァイラニ・今里

藤沢市在住。

2001年えりさクムに出会いフラの美しさに魅せられフラを始める。 2004年オアフ島カネオへにて行われるハワイ本校ホイケに参加。

2005年インストラクターとして活動。現在出身地である水戸でワヒネクラス、 ヨークカルチャー鎌ヶ谷、新浦安、大船にてワヒネ、ケイキクラスを 鵠沼サークルで ワヒネクラスを受け持つ。

2010年OHANAcompetitionワヒネグループ部門優勝。

理恵・マルヒアラニ・松井

横浜市出身

湘南の海でえりさクムのHulaに出会い魅せられ、フラを始めました。 楽しくてすぐに夢中になり、、そしてフラの奥深さを知り、私にとって本当に 特別なものになりました。 大好きなフラを踊ってつねに笑っていたい! フラを踊る楽しさ、幸せを皆で共有したいと心から思っています。

2010年OHANAcompetitionワヒネグループ部門優勝

山中さやこ

幼少の頃よりバレエを習い、ニュージーランドのバレエ学校に4年留学。 帰国後、フラの映像に感激して2002年から最初は小さなカルチャーから フラを習い始め、 2008年に京都から職場移転のため東京へ移動し、えりさクムに師事。 踊りを愛する心の強さを認められ、 2009年よりインストラクタークラスに入る。

2010年OHANAcompetition ワヒネグループ部門優勝
2012年フラホオラウナアロハコンペティション ソロワヒネ インストラクター部門優勝

馬場美欧子

クハイハラウオカプアオカナウパカ Jal packハワイホオラウナアロハのPRCAチームへ2005年に入会。
以来、ハワイで行われるホオラウナ、エキシビションやコンペグループワヒネ部門ヘ毎年エントリーし、フラの向上を目指していく。 2011年結婚を機に退職しインストラクタークラスにて指導員として学び、2012年よりインストラクターとなる。
細かい心遣いでハラウでは様々なサポートをし、また持ち前のセンスの良さで、アクセサリー等を制作、ファンドレイジングの販売でも活躍しています。